スキマ時間 ブログの始め方

日常の何気ない事からおススメの商品について、レビューして行きたいと思います。      

塩素系 洗濯槽クリーナーの効果は?? 我が家の洗濯機で試してみた

前から、気になって仕方なかった洗濯槽のクリーニングをする事に!

 

これまで、酸素系(粉末)タイプの洗濯槽クリーナーを使用してましたが、

今回、初めてメーカー専用の塩素系(液体)洗濯槽クリーナーを使用。

 

amzn.to

f:id:mstktan:20200616142640j:plain

洗濯槽クリーナーは、(2種類)有ります。

  • 塩素系(次亜塩化酸ナトリウム)(液体)
  • 酸素系(過炭素ナトリウム)  (粉末)

【違いはコチラ】

洗剤種類(2種類) 塩素系洗濯槽クリーナー 酸素系洗濯槽クリーナー
主成分 次亜塩素酸ナトリウム(液体) 過炭酸ナトリウム(粉末)
洗浄・殺菌力 洗浄力・殺菌力が強い 塩素系には、洗浄力・殺菌力は劣る
ニオイ ニオイがきつい ニオイが少ない
手肌への影響 手肌に付かない様に注意が必要 手肌に優しい
手間 ゴミをすくう必要なし こまめにゴミをすくう必要あり
洗濯槽の冷水で対応可能 お湯の準備が必要
頻度 1年/1回が目安 1~2ヵ月/1回が目安
清掃した事がない こちらをおススメします  

 【塩素系洗濯槽クリーナー】

(メリット)

  • 洗浄力・殺菌力が強い。

  (黒カビ、嫌な臭いをしっかり分解して槽を清潔に洗浄してくれます。)

  (デメリット)

  • 手肌に付かない様に注意が必要。
  • ニオイがきつい(プールのニオイを思い浮かべて下さい)

 

【酸素系洗濯槽クリーナー】

(メリット)

  • ニオイが少ない。
  • 手肌に優しい(環境に優しい)

(デメリット)

  • 塩素系に比べ、洗浄力・殺菌力が劣る。
  • お湯の準備が必要。
  • こまめに浮いてきたゴミをすくう必要あり。

 

Panasonicとありますが、全メーカー使用可みたい!

 

各メーカー毎にクリーナーが出ているので、

ご愛用の洗濯機に併せる方がいいと思います。

 

うちにある洗濯機は、National時代のもの。

まだまだ現役です。

 

【洗濯槽を洗浄しようと思ったきっかけ】

 洗濯物が、乾いた後は、臭わないが、水分を含んだら、生乾きの臭いがする。

 

なぜ?

除菌効果のある洗濯洗剤を色々試しましたが、改善されず

洗濯槽に原因があるかと思いました。

 

色々調べてみると、皮脂汚れや洗剤カスが

カビや細菌の要因になるようです。

 

 【早速、検証スタート!】

我が家の洗濯機は、縦型洗濯機です。

ドラム式ではないので下記の方法で対応しました。

ちなみに(ドラム式にも対応してます)のでご安心を!!

 

【清掃手順】 

  1. 「洗い」のみの運転に設定。水位(水量)ボタンで                最高水位(水量)に合わせ、スタート→給水させる。              「すすぎ」「脱水」はしない事。
  2. 給水後、洗濯槽クリーナーを入れる。(全部)(1500ml)           (こんなに入れるの??効果ありそう!)
  3. 洗い運転終了後、バケツ他で水を追加
  4. 約12時間放置。                   

 

↓洗濯槽は、こんな感じ。

f:id:mstktan:20200618210203j:image

覗いてみると少し、水が濁っている感じ

この時点では、余り汚れは出ていない。

 

 

説明書通り

約12時間このまま放置する。

 

やって見て思ったこと

塩素の匂いが、

もっと強いのかと思ったが、洗濯機のふたをしていれば、

そんなに気になる程度ではない。

 実は、洗濯槽クリーナーは、昨年買ったものの匂いが気になり、

使うのを躊躇してました。

 

約12時間放置後、

洗濯槽は、いかに!

 

次回に続く!